2008年08月06日

中手骨骨折 装具

前回はこいずみ鍼灸整骨院佐用先生によるTFCC損傷についての講義がありました。
 損傷の分類や実際に行われている固定法など詳しく説明を頂きました。
 
次回は小栗先生による中手骨骨折の装具療法についての
講義です!
現在役立つサイトなど調べておりますが、ひとまずこのサイトを!
 
http://www.zamst.jp/tetsujin/ask/28_medical.html
posted by jpaa at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月25日

TFCC損傷 7月勉強会

6月はテニス肘の病態と対処についての勉強会を行いました。
 
今年度は肩関節から始まり現在肘関節まで進んで参りました。
次は手関節、指関節と続けて勉強会を行います。
 
TFCC損傷
http://www.cobaltappeal.com/mrip_case.asp?caseid=Wrist
 
http://www.tahara-seikei.com/756.htm
 
http://zume.blog.so-net.ne.jp/2006-01-27
 
上記リンクより予習ができると思います。
 
画像診断の出来ない場所では現症をじっくり観察して
早期の損傷部位特定を行う疾患だと思います。
病態説明を行うだけでも患者さんが納得して治療に
取り組んでくれるかもしれません。
JPAA勉強会では会員の皆様が毎回持って帰れる大事な物が
あると思います。
 
 
 
 
posted by jpaa at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月28日

5月勉強会が無事に終了しました

5月勉強会は、関目病院リハビリテーション科統括主任高橋秀朗先生に担当いただき、無事に終了することができました。 パソコンのトラブルがあり焦りましたが、パワーポイントをHTMLで映写す方法で乗り切りました・・・汗汗   今回も多くの参加者が訪れ真剣に講義を聞いておられました。
無事に終わって本当に良かったです。
 
JPAA研究会では毎回参加者の方々に、プリントまとめ作業を手伝っていただいております。準備スタッフが大変少なく大きな会場を二人で設営する事もあります。 皆様がプリントをまとめる作業は我々運営側にとっては大変助かります。いつも本当に有難うございます!
 
来月は6月最終土曜日にテニス肘の勉強会を行います。その後手関節、指関節といったように上肢一連の流れで勉強会が行われています。10月には学会を行う予定をしております。現在当会の会員数は600人を超えており今後もどんどん盛り上がっていくことが期待できます。また様々なジャンルでの勉強会開催が行われればより価値のあるものとなるでしょう。参加者の方々には、このスケールを生かして横のつながりもどんどん作っていただければ幸いかと思います。
posted by jpaa at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月31日

投球障害 肘関節 肩関節

3月29日土曜日は肩、肘投球障害に対する投球フォーム指導の勉強会が行われました。
ラポールひらかた大研修室の定員が140名なのですがイスが足りなくなるほどの大盛況となりました。
 
今回講演を頂きました関目病院リハビリテーション科の河上先生は、アメリカンフットボールや野球のトレーナー活動を行っています。
投球動作については7年間の実績がありその知識や経験を勉強会で発表していただきました。
前半は投球障害肘や肩に対する治療理念を。
後半は色々な年代の色々なレベルの投球動作を実際に画像を通して検証し軸のブレや肩関節の投球動作中の動きを詳しく見ることができました。
さらには見落としてはならない物も隠れている事を再認識させられました。
 
4月の勉強会も河上先生に講演を頂きます。
そこで投球画像の投稿も受付することにしました。
ホームページトップからご確認下さい。
 実際に投球動作により痛みを訴える患者さんがいらっしゃれば
一度患者さんの了承を取って投稿してみてください。
少しのアドバイスで大きなストレスの逃げ道が見つかるかもしれません。
皆様からの投稿をお待ちしております。
 
posted by jpaa at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月24日

空手道大会救護活動

sIMG_7707.jpg sIMG_7744.jpg
 
sIMG_7795.jpg sIMG_7799.jpg
 
 
JPAA研究会では地域活動として地域での講演会活動やスポーツ大会での救護活動を行っています。
3月23日(日) 大阪府豊中市で行われた国際親善空手道選手権大会への救護活動を行いました。
空手道では組み手試合がありコンタクトスポーツとして怪我が多発します。
今回も打撲、捻挫等急性外傷の処置を行いました。
 
4月にはバレーボール
6月には茨木市空手道大会
10月には茨木市空手道大会
 救護参加予定しています。
 
 
posted by jpaa at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月18日

求人広告の更新

JPAAホームページでは求人広告の募集を行っております。
求人広告を掲示する場合はお問い合わせフォームよりまずは
ご連絡をお願いいたします。
会員向けのサービスです。
 
メリット 
1 業界の人間が閲覧します。
2 掲載料が無料です。
3 掲載内容をアレンジできます。
 
これから新しい場所で活躍する方達の為になる
大切な情報源となります。
皆様のご協力よろしくお願いいたします。
 
 
posted by jpaa at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月17日

肩関節実技を終えて

昨日は多くの方々にお集まりいただき無事に勉強会を終了することができました。
準備を手伝っていただきました皆様、本当にありがとうございます。
肩関節の実技編では拘縮組織の選定ならびに動かし方等を田畑先生より
講義いただきました。
時間の経過が早くもっと色々質問したかった方や疑問等があればJPAAホームページ
お問い合わせよりご質問お願いします!
質問の際はメールアドレスの記入をお願いします。
来月は3月29日土曜日午後7時より投球障害肩に関する講演を予定しております。
動画などを交えて講演していただけるという事ですので是非ともご参加ください。
投球障害肩の勉強会をするにあたり事前にアンケートを募集しています。
トップページより自由に書き込みお願いします!
posted by jpaa at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月06日

新規会員登録について

先日より新規登録ページの変更を行いました。
新たにいくつかの項目が足されております。
必須項目が増えたので新規会員登録する際には
ご協力お願いいたします。
 
また、近日に会員の皆様よりアンケートを取る予定をしています。
簡単なアンケートですのでこちらもご協力お願いいたします!!
posted by jpaa at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月25日

モートン病について

昨日はあまりにも寒くて車のフロントガラスに付いた水滴が凍りワイパーが引っ付く始末。
2.3日は続くようですね。
近隣小学校ではインフルエンザ流行により学級閉鎖が発生。
皆さんくれぐれもインフルエンザには気をつけてください!
A型は特に重症化し、患者さん、特に高齢者にうつしてしまっては大変です。
 
お題にしましたモートン病の患者さんを時々見かけますが、
同僚が現在それらしき痛みを発症し苦しんでいます。
以前にも一度発症したのですが自然治癒していました。
確か3軸アーチパッドやテーピングをしたような気がします。
 
2日前「最近痛くないの?」の質問に大丈夫と答えていたのですが
それをきっかけに再度痛みが出現し、腓骨筋周囲まで
症状が出ています。
質問と因果関係は無いと思うのですが・・・(私のせいではないです。。)
最近モートン病についての文献を見ていたのでナイスタイミングです。
断定していませんが症状がそれなりなので。
これから治療を始めて追跡調査をしてみたいと思います。
時々経過を書いていきますね。
 
症状など。
22歳 女性
歩行時の足指離地や前足を側方から他動的に圧迫したときの痛み
3.4中足骨頭部の圧迫での痛み
前足足底内側や下腿外側への放散痛
があるとの事。
4日前より自宅から職場まで歩いて出勤しています。
腫脹や熱間感などはありません。
足指エジプト型
 
症状出現から時間経過が少ないのでまずは自転車での出勤と
立位の時間を少なくする指導と3軸アーチパッドにて様子をみます。
 
文献的には女性に多く発生するとありますが確かに女性しか見たことがないです。
ハイヒールが原因の一つといわれています。
モートン病は後脛骨神経の枝からなる内側、外側足底神経を経た指間神経の炎症
が原因で、特に3.4中足骨間では神経が球状になっていて力学的損傷を受けやすい。
そして中足骨頭間には靭帯があり足指が進展した際に支点となり指間神経を引き伸ばすわけです。
 
ハイヒールが前足部の圧迫と足指の過伸展を強制すると考えると
発症すると考えられるのはごもっともです。
ホームページお役立ちリンクにあるMELITという整形外科医がブログで紹介していますのでご参考に!
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by jpaa at 16:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月17日

この前の症例経過とリンクの更新

        no-title          レントゲン
かなり良くなりました 少し段違いですけども以前の画像と比べるとずいぶん
骨折部が硬化して外観は腫れも改善されました。
仕事でよく使うということなので遷延の心配もありましたが
噛み込んでいた為か経過良好です。
 それより仕事が良いリハビリとなっているのでしょう!
やっとやっとホームページ上のリンク更新ができました。
只今相互リンクは完了しています。
こちらの勉強会への理解も頂きリンクは順調です。
お役立ちリンクについては勝手に貼り付けているのですが・・・
ホントに役に立っているのでしょうか?
徐々にホームページ閲覧数も増加しているので
そろそろ会員リンクの製作も取り掛かります。
古いページで活躍していますがトップ以外は消去します。
今後の動向にどうぞご期待ください!
2月は16日に勉強会を行います!
posted by jpaa at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記