2010年10月23日

学術大会のお知らせ

題名「JPAA研究会学術大会2010のお知らせ」
NPO法人JPAA研究会 会員の皆様へ

秋冷の候、会員の皆様方におかれましては益々御健勝のこととお慶び申し上げます。平素はNPO法人JPAA研究会の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、今年もJPAA研究会学術大会の季節がやってまいりました。本年度は『〜ASHI〜』(足)をスローガンに掲げ、『動作の中にヒントがある』というサブタイトルの元、[運動療法のための機能解剖学的触診技術]や[整形外科運動療法ナビゲーション]の著者であり、中部学院大学リハビリテーション学部理学療法学科教授の林典雄(はやしのりお)先生をお招きして林先生が臨床で下肢の疾患を持つ患者さんを診る時の見解や注目している点などをお話ししていただきます。
第一線でご活躍されている先生の見解を知ることは、一流の“頭の中”と“手先”を伺い知ることのできる貴重な機会であり、また、これらを知ることが、我々が日頃施術を行っている患者さんの“レントゲンで発見できない痛みの原因”や“痛みを引き起こす動作”の発見につながることと考えます。
つきましては、数多くの皆様方のご参加を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

会場:梅田スカイビル タワーウェスト36階 スペース36
日時:平成22年11月23日(火・祝)受付開始 12:00
○学術大会
第1部 13:10〜14:40 「有痛性足部疾患ならびに膝疾患に対する”私の”診かた・考え方 〜関節機能解剖と病態考察と治療のマッチング〜 」
講師 林 典雄 先生
第2部 15:00〜16:30  パネルディスカッション「エコー画像による検証作業について」

○懇親会  18:00〜19:30
会費:学術大会 事前登録(振込¥4,000-)
懇親会も御参加の場合(振込\5,000-)
当日申込み¥5,000-
懇親会¥1,000-


定員:学術大会 240名(当会員に限り、机をご用意しております。)コミュニケーションパーティー 80名
申込み:ホームページ、または携帯電話で「参加登録フォーム」
http://form1.fc2.com/form/?id=458473
から必要事項を入力し送信して下さい。
*送信頂いた段階では受付完了ではありませんのでご注意下さい!申込みメールを確認後、登録頂いたメールアドレスに振込先を明記し返信しますので、会費をお振込頂き、入金確認をもって参加受付完了となります。(迷惑メールフォルダなどに振り分けられぬようご注意ください)
*学術大会、コミュニケーションパーティーとも先着順とさせて頂き、定員となり次第受付を終了させて頂きますのでお早めにお申し込み、お振込下さい。(振込手数料は各自ご負担下さい。)
*11月14日(日)以降は会費振込後のキャンセルをお受けすることはできませんので、あらかじめ御了承ください。
*登録フォームから登録しても返信メールが届かない場合はinfo@jpaa2005.org
までご連絡下さい。

★学術大会当日はスーツ・ネクタイ着用でご参加下さい。★

◆会員カードをお持ちの方は、当日会員カードに氏名を明記の上受付にご提示下さい。
◆当日は受付が混雑することが予測されますのでお早めにお越し下さいませ。
◆講演の録画、録音は一切禁止とさせて頂きます。コミュニケーションパーティーにおいても講師の撮影は禁止とさせて頂きます。

posted by jpaa at 23:15| Comment(0) | 日記

2010年06月05日

6月勉強会のお知らせ

JPAA研究会
6月19日土曜日午後7時〜勉強会のお知らせ

今回は技師装具士の先生を招いて講演会を行います。
JPAA研究会では初めての試みとなります。技師装具士の話を

聞ける絶好の機会となりますのでどうぞご参加下さい!!

【タイトル、場所】
『膝関節疾患への装具療法からのアプローチ』
ラポールひらかた4階大研修室

【講師プロフィール】
氏 名 荒 田 和 昌先生
所属 株式会社大装ブレース
資格 義肢装具士

生年月日 昭和48年2月24日生まれ
出身 京都市
1996年 立命館大学 経営学部 経営学科卒業
同 年 椛蛻苣サ作所 入社
1997年 神戸医療福祉専門学校 三田校 義肢装具士科1期 入学
2000年 同校卒業
同 年 国家資格 義肢装具士 取得
同 年 カナダBi-op社にて1カ月の研修
2004年 前身の、おおいブレース入社
2006年 おおいブレースから株式会社大装ブレースに社名変更
2007年 国家資格 装具一級技能士 取得
2008年 国家資格 義肢一級技能士 取得
2009年 ドミニカ共和国に青年海外協力隊の視察訪問
現在に至る。

【参加について】
参加費1000円参加希望の方は jpaa2005@yahoo.co.jp まで所属とお名前を明記の
上送信して下さい。尚、メールを受け取った時点で参加者リストに登録され、こ
ちらからの返信は行っておりませんのでご了承下さい。会場は混雑が予想されま
すので早めのご来場をお勧めいたします。また、勉強会会員カードをご持参下さ
い。カードが無い方は受付に申し出て下さい。皆様のご参加心よりお待ち申し上
げます。

PR*************
JPAA研究会ホームページは随時更新中、求人情報もございますのでご活用下さい
。また求人募集も随時受け付けいたしております。
http://www.jpaa2005.org/

posted by jpaa at 12:11| Comment(0) | 日記

2010年04月08日

鍼灸分科会より

NPO法人JPAA研究会会員各位
NPO法人JPAA研究会4月10日(土曜日)勉強会のお知らせ
タイトル
『灸頭鍼〜実技を中心とした手技〜』
講師 平田鍼灸整骨院院長、NPO法人JPAA研究会鍼灸分科会担当理事 平田和仁先生

内容
灸頭鍼の実際を実技を踏まえて披露する。
明日に使える手技として治療院内で紹介。

場所・時間
茨木市 ケン太鍼灸整骨院

参加者について
参加費1000円。参加希望の方は jpaa2005@yahoo.co.jp まで所属とお名前を明記の上送信して下さい。尚、メールを受け取った時点で参加者リストに登録され、こちらからの返信は行っておりませんのでご了承下さい。皆様のご参加心よりお待ち申し上げます。
posted by jpaa at 15:17| Comment(0) | 日記

2010年03月11日

2010年3月勉強会のお知らせ

NPO法人JPAA研究会3月20日(土曜日)勉強会のお知らせ

タイトル
『後足部の機能と手技療法〜距骨下関節に目を向ける〜』
講師 ケン太針灸整骨院院長、NPO法人JPAA研究会専務理事 中川憲太先生

場所・時間
守口市生涯学習センタームーヴ21研修室(午後7時開始午後8時45分まで)
地下鉄谷町線大日駅3号出口、北へ徒歩3分大阪モノレール大日駅、北へ徒歩5分
http://homepage2.nifty.com/cul/topmove.htm

携帯電話の方はこちらから
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=34.75176367979456&lon=135.57772472062606&z=18&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=34.737561289209&hlon=135.56399181047&layout=&ei=utf-8&p=

参加者について
72名以上になりますと立ち見となりますのでご了承ください。
参加費1000円参加希望の方は jpaa2005@yahoo.co.jp まで所属とお名前を明記の上送信して下さい。尚、メールを受け取った時点で参加者リストに登録され、こちらからの返信は行っておりませんのでご了承下さい。募集期限は明日3月18日木曜日午後5時といたします。勉強会会員カードをご持参下さい。皆様のご参加心よりお待ち申し上げます。

JPAA研究会ホームページ更新が中止されております。只今復旧中です。ご迷惑をおかけいたします。
posted by jpaa at 17:16| Comment(1) | 日記

2010年01月22日

明日は新年の勉強会

DVC00025.jpg
明けましておめでとうございます。明日は平成22年初回の勉強会です。足関節外側靭帯損傷についてのテーピング実技を予定しております。講師宮原達也先生。
posted by jpaa at 10:49| Comment(0) | 日記

2010年01月12日

新年明けましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
新年勉強会の情報はホームページをご参照下さい。第一回目は足関節テーピングを予定しております。初めてご参加される方は新規会員登録を済ませて下さい。
 
posted by jpaa at 22:03| Comment(0) | 日記

2009年11月17日

JPAA研究会学術大会2009の申込みについて

NPO法人JPAA研究会 会員の皆様へ 開催が間近に迫りました「JPAA研究会学術大会2009」ですが、会員の皆様からも多数ご登録いただき誠にありがとうございます。ホームページ上では、申し込み締め切りが1114日(土)となっておりましたが、現在のところ定員までに若干の空席がありますので引き続き申し込み、登録の受付を行なっております。会員の皆様で参加を検討されている方は何卒お早めにお申し込み、ご登録の完了を頂きますようお勧め申し上げます。また、申込みはしているが会費の振込みをされていない方も多く見られます。登録完了は会費の振込みをこちらで確認した時点となりますのでご注意下さい。平素、ご高配賜ります会員の皆様のご参加を心よりお待ちしております。 お申し込みはホームページから◇◇◇NPO法人JPAA研究会事務局◇◇◇567-0827 大阪府茨木市稲葉町1-12-104TEL072-637-3834   HPhttp://www.jpaa2005.org  e-mailinfo@jpaa2005.org 
posted by jpaa at 22:01| Comment(0) | 日記

2009年10月15日

JPAA学術大会2009

2009A2.jpg

NPO法人JPAA研究会 会員の皆様へ
                         NPO法人JPAA研究会 学術大会2009実行委員長
                         NPO法人JPAA研究会副理事長 宮原達也

秋冷の候、会員の皆様方におかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素はNPO法人JPAA研究会の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さてこの度、昨年に引き続きJPAA研究会学術大会2009を以下の通り開催する運びとなりましたのでご報告させて頂きます。本年度は「スポーツ界とセラピスト」というスローガンを掲げ、第1部ではJリーグのジュビロ磐田でアスレティックトレーナーとしてご活躍されていた宮村司氏、第2部では元Jリーガーで日本代表候補にも選出されたこともあり、現在はサッカー解説者として活躍されている宮澤ミシェル氏の2名を講師としてお招きし、トレーナーの立場から、選手・指導者の立場からそれぞれプロスポーツの現場で実際に行われていたことなどを豊富な経験をもとにご講演頂きます。普段スポーツ現場に携わっている、あるいは臨床でスポーツ選手に携わっているセラピストやトレーナーの方、またはセラピスト、トレーナーを目指している学生諸子など多くの方が、日本のスポーツ界の第一線を知るお二人の講演を聞くことで、これからの臨床や現場活動においての一助になればと考えております。つきましては、数多くの皆様方のご参加を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

内容:第1部 11:10〜12:40 『プロスポーツの現場から〜トレーナーの視点〜』 講師 宮村司氏
    第2部 14:00〜15:00 『プロスポーツの現場から〜選手・指導者の視点〜』 講師 宮澤ミシェル氏
    第3部 15:10〜16:40  パネルディスカッション 『下肢のスポーツ外傷・障害〜各立場からの見解〜』パネリスト 宮村司氏 宮澤ミシェル氏、コーディネーター 高橋秀郎(NPO法人JPAA研究会理事)

日時:平成21年11月29日(日) 
受付開始 10:00 
学術大会 11:00〜16:45 コミュニケーションパーティー 17:15〜19:30
会場:梅田スカイビル タワーウェスト36階 スペース36
会費:事前登録(振込) 机あり 一般¥6,000- 学生¥4,000-
                机なし 一般¥5,500- 学生¥3,500-
     当日申込み     机なし 一般¥7,000- 学生¥5,000-
*学生の方は当日学生証を必ず受付にてご提示下さい。ご提示頂けない場合は一般料金となり、当日追加で会費を徴収させて頂きます。
*コミュニケーションパーティーは、学術大会会費に\1,000-追加頂ければ先着120名までご参加頂けます。
定員:学術大会 242名(机あり106名・机なし136名) *全席指定(申し込み順とさせて頂きます。)
    コミュニケーションパーティー 120名
申込み:ホームページ、または携帯電話で「参加登録フォーム」
http://form1.fc2.com/form/?id=460340 から必要事項を入力し送信して下さい。
*送信頂いた段階では受付完了ではありませんのでご注意下さい!こちらで申込みメールを確認後、登録頂いたメールアドレスに振込先を明記し返信します。そして振込先に会費をお振込頂き、こちらで入金を確認後、参加受付完了となり、再度「座席指定番号」を明記して返信します。「座席指定番号」は返信メールを保存頂くか、印刷頂きまして学術大会当日受付にてご提示下さい。
*学術大会、コミュニケーションパーティーとも先着順とさせて頂き、定員となり次第受付を終了させて頂きますのでお早めにお申し込み、お振込下さい。(振込手数料は各自ご負担下さい。)
*11月21日(土)以降は会費振込後のキャンセルをお受けすることはできませんので、あらかじめ御了承下さい。
*返信メールはヤフーメールより返信いたしますので、携帯電話で迷惑メール設定等をされている方は、ドメイン(yahoo.co.jp)の指定/解除をして頂かないとメールが届かない場合がございます。登録フォームから登録後、数日しても返信メールが届かない場合は事務局までご連絡下さい。

★学術大会当日はスーツ・ネクタイ着用でご参加下さい。★

◆会員カードをお持ちの方は、当日会員カードに氏名を明記の上受付にご提示下さい。
◆当日は受付が混雑することが予測されますのでお早めにお越し下さいませ。
◆講演の録画、録音は一切禁止とさせて頂きます。コミュニケーションパーティーにおいても講師の撮影は禁止とさせて頂きます。


◇◇◇NPO法人JPAA研究会事務局◇◇◇
〒567-0827 大阪府茨木市稲葉町1-12-104
TEL:072-637-3834 HP:http://www.jpaa2005.org  e-mail:info@jpaa2005.org

posted by jpaa at 23:17| Comment(0) | 日記

2009年08月25日

レントゲン読影

8月29日土曜日の勉強会ではレントゲン写真の読影について勉強会を行います。
講師は渡辺整形外科 養畑智則先生
病院勤務の経験が無い方でもわかりやすいようにレントゲンの原理や最近の電子カルテに
使用されている装置など含め基礎から説明をいただきますので大変価値のある勉強会に
なろうかと思います。
参加費は1000円です。
参加については新規会員登録(無料)が必要ですのでホームページからご確認下さい。
 
皆様のご参加お待ちしております。
posted by jpaa at 11:29| Comment(1) | TrackBack(24) | 日記

2009年08月24日

JPAA鍼灸分科会が発足いたしました

会員各位                          
平成21年8月吉日 NPO法人JPAA研究会理事長田畑興介
鍼灸分科会担当理事平田和仁 

謹啓 向暑の候、NPO法人JPAA研究会会員の皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は当法人の運営にご協力賜り厚く御礼申し上げます。 さて、会員の皆様には昨年度の学会の際、当会より鍼灸師の知識・技能向上を目指して鍼灸分科会の発足をお約束いたしました。JPAA研究会はその名前の由来より、J柔道整復師、P理学療法士、A鍼灸師、Aその他医療に携わる者が誰でも参加できる研究会であり、幅広い職種に対応した運営を続けて参りました。鍼灸分科会の発足は、鍼灸の学問に特化した勉強会を提供するために作られ、興味のある方は鍼灸師の資格がなくとも参加する事は可能です。しかし、鍼灸治療の領域は非常に幅が広く治療方法も治療家により様々です。当会では参加をご希望される皆様のニーズを最大限に活かす為に、これまで理事会等、意見交換を重ねて参りました。その結果、鍼灸に興味ある会員の皆様に集まっていただき座談会を開催し、皆様方の意見を参考に今後の運営方針を決定させて頂く事となりました。座談会第一回目の開催は平成21年10月17日(土曜日)を予定しております。今後の鍼灸業界を担う皆様からの貴重なご意見やご希望を参考にさせて頂き、当会からの情報が皆様や患者様に貢献できますよう邁進して行く所存でございます。会員の皆様におかれましては、倍旧の暖かいご理解とご支援、ご協力を賜りますようお願いを申し上げます。 
敬具

 
posted by jpaa at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月17日

明日は勉強会

NPO法人JPAA研究会会員各位
明日のJPAA研究会セミナーは参加者の数が多く大変混雑が予想されます。4月より出席管理の為、カードを配布後バーコードで読み取る作業を行います。
現段階で出席メールを頂いた方に対しては既にバーコード登録をしたカードをお一人様一枚づつ名前を記載して準備できております。会場受付横にアイウエオ順番でカードをお渡しする手配をいたしますので多少混雑が予想されます。6時30分までには受付を開始したいと思いますので早めの来場をお勧めいたします。また、会場内の椅子が足りずに立ち見になる可能性もございますのでご了承下さい。
皆様のご参加お待ちしております。


明日の勉強会の内容について
平成21年4月18日午後7時より
場所 ラポールひらかた 4階大研修室
講師 医療法人淳良会関目病院リハビリテーション室 池上誠一先生(いけうえ こういち)

『投球障害フォームチェック〜特に下半身に注目して〜』


講師紹介
池上誠一先生 元プロ野球選手
滝川高校から1985年のドラフト4位で近鉄バッファローズに入団。主にリリーフ投手として活躍し、ローテーションの谷間で先発することもあった。1999年に横浜に移籍し、同年に引退


参加希望の方は当会への新規会員登録をお済ませ下さい。



NPO法人JPAA研究会事務局

posted by jpaa at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月16日

4月18日の勉強会

今回も大盛況が見込まれます。
 
ラポールひらかた大研修室での椅子の数が足りない
状態があるかもしれませんのでご来場は早い目に来て
いただき、場所を確保される事をおススメいたします。
 
次回から会員カードを使用して出席管理を本格化いたします。
事前登録の方に対してカードを準備したいと思います。
明日から作成しますが出来るかなぁ・・・
そのカードを紙に包んで名前を記載いたしますので
探し出してその場でバーコード読み取りをする作戦です。
すでに40枚ほど作成いたしましたが大変でした。
頑張ります!!
 
勉強会の内容については詳しくはお聞きしておりませんが
元プロ野球選手の講演は見逃せないですね。
毎回レベルの高い内容ですが、実戦者のお話もきっと皆さまの
お役に立つと思います。
 

講師紹介
池上誠一先生 元プロ野球選手
滝川高校から1985年のドラフト4位で近鉄バッファローズに入団。

主にリリーフ投手として活躍し、ローテーションの谷間で先発することもあった。
1999年に横浜に移籍し、同年に引退
ピークで引退している方です。
何やら記録を持っている人と伺っておりますがそれは当日のお楽しみ!!
 

皆さまのご参加心よりお待ち申し上げます。

 
posted by jpaa at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月23日

JPAA会員カードの再確認

NPO法人JPAA研究会会員カードは平成21年4月より有効になります。
年間を通じて10回以上ご出席の方に対し、奨励賞(賞状)をご希望によりお渡しする予定です。
NPO法人として出席状況確認は、当会の活動状況を大阪府に報告する為大変役立つものであり、皆さまのご協力が必要です。毎回行われる勉強会で事前に登録したカードをお渡しするように手配を勧めて参りたいと思いますので住所登録が行われていない方につきましてはホームページ上の新規会員登録より必要事項をご記入いただくようよろしくお願いいたします。

 

1、 会員カード(member’s card)は、NPO法人JPAA研究会会員証とし、JPAAメーリン
グリスト参加を行った者、もしく当用紙裏面にある登録フォームに記入した者に初回のみ
渡されます。
2、 会員カードにはバーコードが印刷されており、ご出席の会員に提示されたカー
ドのバーコードを読み込むことにより出席簿にデータとして反映されます。
3、 会員カードは毎回の勉強会出席時受付にて提示し、出席確認を行う。持参されなか
った場合や紛失した場合は他の自己証明書類(免許証等)にて出席確認は可能。ただし
一回のみとします。
4、 会員カードの不具合ひび割れや色あせについては補償いたしかねますので大切に
保管されますようお願いいたします。
5、 会員カードを紛失した際は速やかにNPO法人JPAA研究会へご連絡いただき紛失
した旨をお伝え下さい。カード再発行には1枚あたり1,000円の負担金が必要です。
6、 会員カードには保護シールを張り付けていますので剥がしていただいても問題ござ
いません。
7、 脱会する際には自己申告と共にカードの返却をお願いいたします。個人情報保護の
為、当研究会にてカードの処分を行います。

会員カードは個人の持ち物として第三者への貸与等は行わないようお願いいたします。
 
posted by jpaa at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月12日

3月勉強会の予定

平成21年3月21日土曜日午後6時45分開始 いつもより15分早く開催いたします。
場所 メセナひらかた 
注)メセナひらかたはラポールひらかたの150メートル京都側、茶色い建物になります。
駐車場はラポールひらかたの駐車場を使用して下さい。

http://www.mecenathirakata.com/access/index.html


講師 医療法人淳良会関目病院リハビリテーション室室長 高橋秀朗先生
『変形性膝関節症について』
参加希望の方は当会への新規会員登録をお済ませ下さい。

医療機関で行われる変形性膝関節アプローチの実際等
経験豊富な高橋先生よりご講演いただきます。
会費はいつも通り1000円にて参加可能です。
ご参加希望の方で会員登録をされていない方は
こちらから会員登録をお済ませ下さい。
皆様のご参加お待ちしております。

http://www.jpaa2005.org/shinkitouroku.html

注意・・・会員登録が勉強会の開催日の5日前以降は

勉強会案内は届きませんのでお問い合わせより参加希望をお伝え下さい。
posted by jpaa at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月20日

国家試験を受験する会員の皆様

平成21年2月20日
国家試験を受験する会員の皆様
NPO法人JPAA研究会
理事長田畑興介


国家試験を間近に控えておられる皆様におかれましては、終盤の追い込みを猛烈におこなっておられることとお察し致します。私の方も養成校の非常勤講師をさせて頂いていることから、毎年この時期になりますと人ごととは思えない気持ちです。されど、受験するのは皆さん自身であり、私がいくら気を揉んでも仕方ないことだと自らに言い聞かせて平常心を装っております。
学生の期間中に当法人の会員になっておられるような勉強熱心な方々には、このような心配は無用だとは思いますが、受験される会員の皆様全ての合格を理事会一同祈念致しております。皆様方の今の心境は当勉強会のことなど考えている暇は無いかもしれませんが、本年も魅力ある運営に尽力させて頂きますことを1月の勉強会冒頭で会員の皆様にお約束申し上げました。
国家試験の合格はセラピストとして患者さんと向き合う権利を得るだけのものと言えます。得られた権利は「生涯教育」を通じて常に磨きがかけられなければなりません。権利を得た者には必ず義務が生じるのです。合格の暁にはぜひ権利を磨き義務を全うするための一環として、積極的に当法人主催の勉強会にご参加賜りますようお願い申し上げます。
合格の後はキャリア1年目の先生も20年を超えようとする我々も、患者さんの前では同じ「先生」です。同じ勉強会に所属する会友として、またライバルとしてお互いに研鑽を重ねて参りましょう!!

ぜひとも全員合格!!がんばって下さい。
posted by jpaa at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月18日

会員カード配布について

NPO法人JPAA研究会会員各位

NPO法人JPAA研究会
理事長 田畑興介


NPO法人JPAA研究会会員の皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は当法人の運営に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、NPO法人JPAA研究会では毎月の勉強会での受付業務の簡素化を図る為に
名簿管理を行うシステムを構築して参りました。会員の皆様にはNPO法人JPAA研究
会のオリジナル会員カード(会員証)を配布させて頂き、出席管理等を円滑に行いたいと
考えております。これに伴い、年間を通じて10回以上ご出席の方に対し、奨励賞(賞状)
をご希望によりお渡しする予定です。
また、本システムの導入により皆様の生涯教育参加状況をより明確なものとし、公の制
度へと発展させるための布石とも考えております。
初回の配布は皆様のお手元に直接届きますよう2月22日の勉強会ご出席の皆様に対
して行わせて頂きます。つきましては、受付での混雑等ご迷惑をお掛けいたしますが、
何卒ご理解の上ご参加頂ければ幸いです。以下の文章をご熟読いただき皆様のご理解
を賜りたく存じます。


                記


1、 会員カード(member’s card)は、NPO法人JPAA研究会会員証とし、JPAAメーリン
グリスト参加を行った者、もしく当用紙裏面にある登録フォームに記入した者に初回のみ
渡されます。

2、 会員カードにはバーコードが印刷されており、ご出席の会員に提示されたカー
ドのバーコードを読み込むことにより出席簿にデータとして反映されます。

3、 会員カードは毎回の勉強会出席時受付にて提示し、出席確認を行う。持参されなか
った場合や紛失した場合は他の自己証明書類(免許証等)にて出席確認は可能。ただし
一回のみとします。

4、 会員カードの不具合ひび割れや色あせについては補償いたしかねますので大切に
保管されますようお願いいたします。

5、 会員カードを紛失した際は速やかにNPO法人JPAA研究会へご連絡いただき紛失
した旨をお伝え下さい。カード再発行には1枚あたり1,000円の負担金が必要です。

6、 会員カードには保護シールを張り付けていますので剥がしていただいても問題ござ
いません。

7、 脱会する際には自己申告と共にカードの返却をお願いいたします。個人情報保護の
為、当研究会にてカードの処分を行います。


会員カードは個人の持ち物として第三者への貸与等は行わないようお願いいたします。
尚、当カードは平成21年2月より配布され平成21年4月より有効といたします。

posted by jpaa at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月27日

JPAA研究会学術大会2008を終えて

会員の皆様
「JPAA学術大会2008」ご参加の皆様

NPO法人JPAA研究会
理事長 田畑 興介

拝啓 向寒の候、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は当法人の運営にご尽力賜り理事会一同厚く感謝しております。
 さて、去る10月19日(日)に開催されました「JPAA学術大会2008」に200名を超えるセラピストの皆様にご参加賜りましたこと誠に感謝致しております。
当日は山口光圀先生に「肩のスポーツ障害 〜セラピストとして現場の視点から〜」
また、廣岡淳先生には「上肢のスポーツ障害 〜ドクターの視点から〜」のご講演を頂戴し、「パネルディスカッション」では不肖私も尊敬する先生方と登壇させて頂きました。当日、皆様から頂戴致しましたアンケート結果には、非常に高い評価を頂戴しており、第一回目としては素晴らしい学術大会であったことを理事会一同確認させて頂いております。そして、皆様方のアンケートのお言葉に更なる勇気を頂戴し、より高いレベルでの再開催を確認し合ったところでございます。次年度は今回の評価を裏切ることなく、さらに素晴らしい学術大会を開催する所存でございます。
 この度の学術大会は初の試みであったことから、我々運営陣による不備もあったことと思います。これらの点につきましては、すでに理事会を開催しアンケートの精査や反省点、次年度開催に引き継ぐべき事項を列挙し更なる発展に向けすでに発進しております。
また、不備の中にも学びがあったことと思います。この度の開催は若手実行委員を育成し次の開催にあたり盤石な人材を整えることが目的の一つでもありました。その中で多くの無理を聞き入れてくれた山田副理事長兼実行委員長は、学術大会の成功と同時に実行委員会の育成という両輪運営を見事に実現してくれました。そして、若い実行委員の皆さんも理事会の意見を聞き入れて下さり、よくぞこの度の盛会に導いて下さったことと思います。
実行委員会やボランティアに入って頂くことは、当事者意識が働き一般参加者に無い多くの「学び」を得るチャンスがあったことと思います。ぜひとも次回開催時、これらの募集があった時には会員の皆様から積極的にご参加頂き、セラピストとしての非日常からの「学び」を体感して頂きたく思います。
 我々JPAAはセラピストの生涯教育を標榜する団体として700名の会員が集う団体に成長しました。この700名が各種セミナーを介して志を同じくし「学術」をもって業界を牽引することこそ、この度ご尽力を賜りました廣岡先生、山口先生、また多くのご協賛を賜りました関係各企業の皆様方のご厚情に報いることと肝に命じ、今後の運営に邁進することを理事会一同再度確認致しております。
また、去る11月8日(土)福島睦先生のご講演を持ちまして2008年全11回のセミナーも無事終了することができました。これも一重にボランティアでご講演を頂戴します講師の先生方と、各セミナーにご参会を賜ります会員の皆様方のご指導、ご鞭撻の賜物と誠に感謝致しております。2009年も会員の皆様方の信頼と負託に応えることのできる運営に尽力致しますので、変わらぬご厚情を賜りますことをお願い申し上げまして、私からのお礼の言葉に代えさせて頂きたいと思います。

「業界に対する率先垂範」2009年も皆で学びましょう!!
敬具
posted by jpaa at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月11日

11月8日勉強会の様子

fukusima1.JPG fukusima2.JPG
fukusima3.JPG fukusima4.JPG

11月8日には福島先生による姿勢と上肢の勉強会が行われました。
限定50名との事で参加募集は1時間足らずで埋まってしまいました。
       
 
次回は第二弾を行います。
次回も限定50名となりますので募集の前には事前に広報いたします。
 

posted by jpaa at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月22日

カルテを書こう!POSを使って

次回の勉強会は宮原達也先生(株式会社joy plus.)鍼灸師、柔道整復師 をお招きし、POSを使ったカルテの記載についてご講演いただきます。
問題指向型診療記録 Ploblem Oriented Sistem:POS の内、経過記録としてSOAP書式が使用されます。S主観的情報、O客観的情報 A評価 Pプラン
カルテ記載として十分に普及しているとはいえませんが、良く研究され、なによりも患者さんの為に記録を取る習慣をつけていただき明日から使えるツールとして利用していただければ幸いです。また、メディカルコミュニケーションの第一歩として、10月に行われる学術大会につながる内容になります。医療過誤、リスクマネージメントとしての活用、実際にカルテ記載の練習を行い、短時間ではございますが実践的な内容になっております。
まだまだ参加者の数が少ないので学生さんから臨床家の方々まで是非ともご参加下さい。
 
posted by jpaa at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月21日

中手骨

 
馬の中手骨って長いんですねぇー!
http://www7a.biglobe.ne.jp/~umagoya-net/kokkaku.htm
 
鳥の手羽先の部分ですかね?
これも中手骨ですか。
前腕と上腕部は人間と非常に良く似ていますね。
http://www.sizenken.biodic.go.jp/mokin/desc03.html
 
そろそろ30日勉強会の募集を行いたいと思います。
 
posted by jpaa at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記