2008年01月25日

モートン病について

昨日はあまりにも寒くて車のフロントガラスに付いた水滴が凍りワイパーが引っ付く始末。
2.3日は続くようですね。
近隣小学校ではインフルエンザ流行により学級閉鎖が発生。
皆さんくれぐれもインフルエンザには気をつけてください!
A型は特に重症化し、患者さん、特に高齢者にうつしてしまっては大変です。
 
お題にしましたモートン病の患者さんを時々見かけますが、
同僚が現在それらしき痛みを発症し苦しんでいます。
以前にも一度発症したのですが自然治癒していました。
確か3軸アーチパッドやテーピングをしたような気がします。
 
2日前「最近痛くないの?」の質問に大丈夫と答えていたのですが
それをきっかけに再度痛みが出現し、腓骨筋周囲まで
症状が出ています。
質問と因果関係は無いと思うのですが・・・(私のせいではないです。。)
最近モートン病についての文献を見ていたのでナイスタイミングです。
断定していませんが症状がそれなりなので。
これから治療を始めて追跡調査をしてみたいと思います。
時々経過を書いていきますね。
 
症状など。
22歳 女性
歩行時の足指離地や前足を側方から他動的に圧迫したときの痛み
3.4中足骨頭部の圧迫での痛み
前足足底内側や下腿外側への放散痛
があるとの事。
4日前より自宅から職場まで歩いて出勤しています。
腫脹や熱間感などはありません。
足指エジプト型
 
症状出現から時間経過が少ないのでまずは自転車での出勤と
立位の時間を少なくする指導と3軸アーチパッドにて様子をみます。
 
文献的には女性に多く発生するとありますが確かに女性しか見たことがないです。
ハイヒールが原因の一つといわれています。
モートン病は後脛骨神経の枝からなる内側、外側足底神経を経た指間神経の炎症
が原因で、特に3.4中足骨間では神経が球状になっていて力学的損傷を受けやすい。
そして中足骨頭間には靭帯があり足指が進展した際に支点となり指間神経を引き伸ばすわけです。
 
ハイヒールが前足部の圧迫と足指の過伸展を強制すると考えると
発症すると考えられるのはごもっともです。
ホームページお役立ちリンクにあるMELITという整形外科医がブログで紹介していますのでご参考に!
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by jpaa at 16:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
初めてコメントいたします。宜しくお願いいたします。

私は男性のモートン病を見たことがあります。
床貼りなどをする仕事で一日8時間くらいは
しゃがみこむ動作をしていました。
来院したときにはひどい状態でしたので
整形外科への紹介にて観血療法を行い治癒しました。
靭帯を切除して神経を取ったとの事です。
ご紹介までに。
Posted by waka at 2008年01月26日 13:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9999644

この記事へのトラックバック