2010年10月23日

学術大会のお知らせ

題名「JPAA研究会学術大会2010のお知らせ」
NPO法人JPAA研究会 会員の皆様へ

秋冷の候、会員の皆様方におかれましては益々御健勝のこととお慶び申し上げます。平素はNPO法人JPAA研究会の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、今年もJPAA研究会学術大会の季節がやってまいりました。本年度は『〜ASHI〜』(足)をスローガンに掲げ、『動作の中にヒントがある』というサブタイトルの元、[運動療法のための機能解剖学的触診技術]や[整形外科運動療法ナビゲーション]の著者であり、中部学院大学リハビリテーション学部理学療法学科教授の林典雄(はやしのりお)先生をお招きして林先生が臨床で下肢の疾患を持つ患者さんを診る時の見解や注目している点などをお話ししていただきます。
第一線でご活躍されている先生の見解を知ることは、一流の“頭の中”と“手先”を伺い知ることのできる貴重な機会であり、また、これらを知ることが、我々が日頃施術を行っている患者さんの“レントゲンで発見できない痛みの原因”や“痛みを引き起こす動作”の発見につながることと考えます。
つきましては、数多くの皆様方のご参加を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

会場:梅田スカイビル タワーウェスト36階 スペース36
日時:平成22年11月23日(火・祝)受付開始 12:00
○学術大会
第1部 13:10〜14:40 「有痛性足部疾患ならびに膝疾患に対する”私の”診かた・考え方 〜関節機能解剖と病態考察と治療のマッチング〜 」
講師 林 典雄 先生
第2部 15:00〜16:30  パネルディスカッション「エコー画像による検証作業について」

○懇親会  18:00〜19:30
会費:学術大会 事前登録(振込¥4,000-)
懇親会も御参加の場合(振込\5,000-)
当日申込み¥5,000-
懇親会¥1,000-


定員:学術大会 240名(当会員に限り、机をご用意しております。)コミュニケーションパーティー 80名
申込み:ホームページ、または携帯電話で「参加登録フォーム」
http://form1.fc2.com/form/?id=458473
から必要事項を入力し送信して下さい。
*送信頂いた段階では受付完了ではありませんのでご注意下さい!申込みメールを確認後、登録頂いたメールアドレスに振込先を明記し返信しますので、会費をお振込頂き、入金確認をもって参加受付完了となります。(迷惑メールフォルダなどに振り分けられぬようご注意ください)
*学術大会、コミュニケーションパーティーとも先着順とさせて頂き、定員となり次第受付を終了させて頂きますのでお早めにお申し込み、お振込下さい。(振込手数料は各自ご負担下さい。)
*11月14日(日)以降は会費振込後のキャンセルをお受けすることはできませんので、あらかじめ御了承ください。
*登録フォームから登録しても返信メールが届かない場合はinfo@jpaa2005.org
までご連絡下さい。

★学術大会当日はスーツ・ネクタイ着用でご参加下さい。★

◆会員カードをお持ちの方は、当日会員カードに氏名を明記の上受付にご提示下さい。
◆当日は受付が混雑することが予測されますのでお早めにお越し下さいませ。
◆講演の録画、録音は一切禁止とさせて頂きます。コミュニケーションパーティーにおいても講師の撮影は禁止とさせて頂きます。

posted by jpaa at 23:15| Comment(0) | 日記